活性酸素とスポーツの関係

活性酸素とスポーツの関係

運動をして体を動かすことはいいことだと誰もが思うと思います。

たしかに、適度な運動は生活習慣病の予防にも必要だとよく効きます。

ですが、無理な運動やスポーツのやり過ぎは活性酸素を増やす原因となるようなので注意する必要がありそうです。

私も日頃運動をしていないので、急な運動をするとはあはあと息切れしてしまい、心臓はバクバクしてしまいますが、それがいけないようです。

過剰な酸素を吸ってしまい、過剰な活性酸素を作ってしまうようです。

スポーツ選手はコントロールできているし、食事も気をつけているので問題はないのでしょうね。

日頃やらないことをやり過ぎるとダメだと言うことでしょう。

日々の適度な運動は問題ないというより必要です。

どちらみち、私は運動をしないといけないようですね。

毎日、1歳児を連れて散歩はするのですが、それは運動のうちには入らないでしょうね。

運動が苦手な私としては、子育ても重労働だし、運動ではないかしらと甘えた考えを起こしてしまいますね。

研究所で研究されていることは

活性酸素を研究しているところは、いろいろな大学の医学部や、生物、生命、化学、理化学などなど、製薬会社や化粧品会社も研究していると思います。

インターネットで検索すると、研究報告を掲載している研究所もあるし、文部科学省からの資金で研究しているところなどの記載もあります。

日々、医学は進歩しているといいますが、この活性酸素の研究も日々進歩をたどっていることと思われます。

ストレスを研究しているところも、活性酸素についての記載がありました。

いろいろな分野で注目されているし、さまざまな研究がおこなわれているということは、私たち生命にとって必要な研究だということでしょう。

活性酸素の徹底ガイド

私としては、長生きという生命の延長も考えますが、日本人の寿命はすでにかなり長い所まで来ているので、元気に、健康な日々を過ごすということに対して、今後、さらに効果が期待できる研究なのではないかと思うのです。

ストレスが軽減されると、現代問題になっているような精神的な病気の改善にも役立ってくれるのではと期待したいと思います。